遺影用写真の選び方
終活を司法書士がサポート
イトー司法書士事務所
岡崎市美合町字穴田9-3
遺言、相続対策、エンディングノートなど、ご相談ください。

遺影の選び方

遺影に使用される写真の選び方について。

葬式の際に使われる遺影は、故人の人柄や今までの歴史を表すものとなりますので、 できるだけ思い出深い写真を選びましょう。 昔は写真を撮る機会も多くなく、遺影に使われるものはモノクロで表情も硬いものが 一般的でした。

続きを見る

安心させる遺影の作り方

4人に1人が遺影選びに困っているそうです。

突然家族が亡くなると慌しくありあわせの写真で遺影をつくってしまうことも ありますが、いざ葬式で飾られているのを見ると合成したのが丸わかりという 経験をした方もいるでしょう。 遺影用の写真を事前に準備している方は少なく、9割近くの方が急遽写真を用意 しているのが実際のところです。

続きを見る

相続でもめることも

しかるべき所に相談しましょう。

あまり考えたくはありませんが、誰かが亡くなると相続をめぐって遺族間でもめることも考えられます。 当人同士でにっちもさっちもいかなくなる前に、相続相談を行っている司法書士事務所や 相続の生前対策を専門に支援している機関もありますので、何でも相談して生前に手続きを明確にしておくという方法もあります。 遺言やエンディングノートという選択肢もあります。

相続対策支援センター
http://www.souzokushien.jp/
岡崎市、豊田市、安城市、刈谷市などで無料個別相談会や
相続セミナーを随時開催しております。
相続対策のご相談はお気軽に。フリーダイヤル:0120-613-098

5年以内が目安

遺影には元気だった頃、亡くなる5年以内の写真を使います。

準備しておけば、と思いつつも実際に身内が亡くなったときは急遽遺影をつくる ことになるケースが多いでしょう。 その場合、葬儀社や写真スタジオに頼んでつくってもらうことになります。 故人の過去の写真からいいものを見繕って渡しますが、遺影として使う写真は 亡くなるどのくらい前のものがいいのでしょうか。

続きを見る

遺影は1枚以上

遺影写真は葬儀に出すものと家で飾るためのと、複数枚撮っておきましょう。

肖像写真撮影サービスでプロのカメラマンに撮影してもらう場合、 遺影用の写真は家族のためにも複数枚撮っておくといいでしょう。 微笑んでいるものや厳粛な表情などをいくつか撮れば、家族は好きなほうを 遺影として飾ることができます。

続きを見る